MR転職サイトお勧めTOP3ランキング

  • リクナビ薬剤師<最も無料登録数が多いサイト>

    2015年度オリコン顧客満足度ランキングNo.1!薬剤師のみなさんで、既に転職をした方々の満足度が一番高かったのは、リクナビ薬剤師です!人材と言えばリクルート。全国を網羅する求人情報数が38,000件以上あり、最短3日で転職をされる方もいます。

    元々営業の強い企業体質もあり、薬剤師の転職に対するサポート体制はかなり強力です。が、しかし、注意すべきは、彼らが一番モチベーション高く動くのは、転職が成功しそうな案件です。つまり、あなたが無茶な条件を伝えたり、転職の意思がない、或いは優柔不断な態度をとり続けると、あまり力を入れてサポートしてくれなくなるかもしれません。だから強い意志と行動力で転職に取り組めば、リクナビ薬剤師の担当も必ず期待に応えてくれます。

  • ファルマスタッフ<いよいよ日本調剤グループが求人市場へ参入!>

    薬剤師の求人市場の競争が激化する中、日本調剤グループがいよいよ薬剤師の求人情報を取り扱うようになりました。まだ開始したばかりということもあり、広告や登録サイトのデザインはおとなしいイメージです。

    しかし、薬剤師の転職サポートへの取り組みは本気で、専任コンサルタントは80名、公開求人数は40,000件以上とリクナビ薬剤師を上回る件数を保有しています。ファルマスタッフの担当が燃えるのは、リクナビ薬剤師に勝つとき。ぜひリクナビより良いねと褒めてあげてください。

  • 薬剤師転職ドットコム<薬剤師登録数4位>

    親会社が病院や医療系会社のコンサルティングを行っており、他社にない人事情報や求人情報を保有している。そのため、【薬剤師転職ドットコム】の広告や、公式サイトには、非公開求人情報の豊富さを全面に打ち出すような“プレミアム非公開求人”と記述されている。

    じゃあ分かった。薬剤師転職ドットコムのプレミアム非公開求人って、どのくらいプレミアムなの?何がプレミアムなの?と思いませんか?

    それは明確で、薬剤師転職ドットコムのプレミアム非公開求人情報は、病院や医療関係の求人の中で、特に責任者や管理職などの求人情報が豊富。そのため給料や条件もプレミアムなので、非公開求人情報をプレミアムと呼んでいるのです。

  • ファーマジョブ

    大手他社に追いつくために、サポートに力を入れているサイト。登録は無料で1分でできます。正直なところ、登録数は上記3社に及ばないのですが、大手にないサポートを重視する方で、ご縁を感じた方はご登録してくださいね。

mr 転職サイト活用の豆知識

MRは、薬の専門家として製薬会社の顔として活躍する人たちです。薬の専門家というと薬剤師という国家資格がありますが、薬剤師は調剤薬局などで有資格者として薬を取り扱い、患者に説明やアドバイスをする役割を担っています。

その一方で、MRは製薬会社の営業マンというイメージが強いですが、他の業種の営業マンと根本的に異なるのは人命に関わる薬を取り扱う会社の営業マンだという点です。同じ営業職の中でも専門的な知識を求められることもあって、給与水準は高めです。しかも、他の営業職のように売り上げを稼げば収入が増えるという単純な構図ではなく、専門的な知識をより高めて、それを医師に提供できるという役割を果たすことが収入アップにつながる側面があります。

この点を踏まえると、そもそも薬剤師がMRになると最も活躍できるのでは?と考える人がいても不思議ではありません。事実として、最近では薬剤師資格を持った現役もMRもずいぶん多くなりました。

先述のようにMRは知識を高めて提供することも仕事のうちで、それができている人は高収入になりやすい職業なので、高い知識ベースを持っている薬剤師のMRは高収入を得やすいのです。薬剤師が転職先にMRを選ぶのは、このためです。

では、MRの転職先としてはどんな職場が考えられるでしょうか。最も多いのは、もちろん製薬会社です。製薬会社ではなかったとしても薬品関係を取り扱う商社などです。こうした会社では中途入社の採用活動にも積極的で、能力のある人であれば良い条件を出してでも採用したいという要望を持っています。

「人は金なり」という言葉がとてもよく当てはまる業界なので、高い薬の知識とコミュニケーション能力を持っている人材は、大きく売り上げに貢献します。そんな人には好条件が提示されているので、全体的に薬剤師からMRになる人の給料が高いのです。

では早速転職サイトで、薬剤師を優遇しているMRの求人情報を探そうと思ったとしても、あまり見つからないと思います。仮にあったとしても好条件とは言えず、どこにでもあるような営業職の募集広告しか見つけられないのが普通です。これは、なぜでしょうか。

最大の理由は、本当に好条件の求人は表に出てくることがなく、非公開求人のまま誰かに決まってしまっているからです。製薬会社が優秀なMRを募集するために求人広告を出すと、それは同業他社や自社の先輩社員も目にすることになります。その条件が余りにも良いとしたらどんな影響が出るか、想像に難くありません。そういった影響を考慮して、本当に条件の良い求人というのはほとんど表に出てこないのです。そして、条件の良い求人は飛びつく人も多いので、非公開のまま誰かに決まってしまうのです。

自分自身のネットワークやコネクションで、こうした求人を見つけられる人は問題ありませんが、ほとんどの人はそうではないはずです。転職先探しを何回もしたくないという人であれば、今回の転職先選びで失敗したくないはずです。

そこでご提案したいのが、非公開求人に強い薬剤師求人サイトです。「薬剤師求人ドットコム」というサイトは、サイト名の通り薬剤師資格を持った人のための就職、転職サイトです。その中には最近多くなっているMRの求人もあります。薬剤師資格を持っていれば条件が良くなるという特殊な事情を反映した求人も、「薬剤師求人ドットコム」なら、簡単に見つけることができます。

さらに、肝心の非公開求人についても、病院経営や医療系人材エージェントを事業にしている会社なので医療界のコネクションがとても太く、その中でしか流通していない非公開求人の情報力も抜群。MRとして働きたい人が理想的な転職先を見つける最短ルートなのです。

このページの先頭へ